Blog

安定した成長への態勢が整った世界的再生医療市場

充足されていない幅広い医学的ニーズに応えることを目的にした再生医療(RM)のための強力な開発パイプラインは、世界的なRM製品販売が急速に増加する前兆であり、それは公衆衛生に重大かつポジティブな影響を与える、とタフツ大学医薬品開発研究センターによる最新分析で述べられています。

今日、ヨーロッパ、日本と米国の640の株式非公開会社と上場会社が再生医療の開発に積極的に関与しています。再生医療は体の自然治癒力を促進し、生きているまたは死亡したドナーの健康な細胞、組織や臓器を使って、損傷した物と取り替えたり、特定の種類の細胞や細胞産物を病んだ組織や臓器に与えて組織と臓器の機能を修復します。

従来は、移植手術、生体力学、幹細胞生物学、分子生物学、ベクターエンジニアリング、高度な素材、免疫学とDNA組み換え技術の研究に基づいていた、再生医療を可能にする技術は、細胞と遺伝子を基にした治療法と組織工学の導入により飛躍的に進歩しました。

再生医療の高い成長の見込みにも関わらず、開発者達は、経費を回収して利益を得られるのか?と、とりわけ元を回収できる見込みが不確かであるという「大きな挑戦」に面しています。タフツ大学の研究によると:「米国とその他の消費者は、数が増えつつある医薬品にさらに厳格な費用便益分析を適用して払い戻しポリシーを思い通りに動かしており、それは再生医療製品の利益がコストに見合ったものであることを開発者が示す必要があることを意味しています。」

レポートの主な所見:

• 細胞治療製品は915ある細胞治療製品の76%を占めており、現在ヨーロッパ、日本と米国で開発されていて、残りは遺伝子治療製品が占めています。
• 日本とアジア太平洋地域が2020年まで再生医療が最も急速に成長する市場です。
• ヨーロッパと日本の規制により再生医療製品開発に特定の経路が導入され、米国食品医薬品局はそうする計画はありませんが、連邦議会が同様の法律を検討しています。

お問い合わせ

弊社へのご質問、ご意見などお電話またはフォームにてお気軽にお問い合わせください。頂いた内容により、一部返答できない場合や回答に時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。