Category Archives for Uncategorized

IVF Courier: frozen embryo transport to Cancun, Mexico

Transporting frozen embryos and sperm to Cancun, Mexico

Recently we have been delivery sperm and embryos via our hand-carry service to Cancun, Mexico. The Cancun Fertility Center has clients from various parts of the world that we have been able to assist. The Cancun IVF clinic is able to provide various services such as egg donation, sperm donation, PGS, PGD etc.

Our IVF courier hand-carry service is a pragmatic solution for moving frozen embryos, sperm and eggs into and out of Mexico. Commercial couriers such as DHL, FedEx and UPS have recently, since the Ebola scare, been reluctant to handle human bio-materials across the Mexican border. Our IVF hand-carry service is able to assist where commercial couriers cannot.

If you are looking for a cheaper IVF alternative, consider Mexico as an option. And if you need your frozen embryos, frozen sperm or frozen eggs transported either into or out of Mexico, we are here to help.

IVF courier hand-carry service

http://www.fertilitycentercancun.com/

ready for take-off. frozen embryos being hand-carried on an airplane.

ready for take-off. frozen embryos being hand-carried on an airplane.

IVF courier sevice – frozen embryo delivery to Russia

IVF embryo and sperm delivery to Russia. IVF courier service. This trip was a Hand-Carry service for surrogacy clients. Russia is a growing destination for surrogacy patients. There are several clinics in different parts of Russia that offer surrogacy options for infertile couples. Russia also has surrogacy-friendly laws that help make the experience smoother. In addition, the current economic and political conditions have devalued the currency, thus make surrogacy here even more attractive in terms of cost.

CryoSend is able to offer IVF patients IVF courier services, shipping frozen embryos and sperm to Russia for surrogacy.

http://cryosend.com/en/ivf-services/

moscow-1

Cold, rainy and windy autumn in Moscow this year, but beautiful. Russians love walking.

moscow2

Red Square. Beautiful.

バイオ製剤貨物のリスク

バイオ製剤貨物のリスク

 

バイオ製薬会社にとって、サプライチェーンのリスク低減に多額の費用がかかります。CAR-T細胞やその他の再生療法の進歩により、厳格な温度管理と物流の整合性が必要とされているからです。

現在、再生医療の分野には、次の2つの課題があります:

  • クリニックから患者の生体サンプルの収集
  • 患者へ薬の配達

現在、幾つかの方法でバイオ製剤は集荷、配達されています。温度帯が2~8℃の冷蔵、ドライアイスの使用による-80℃で、そして極低温運送用のドライシッパーでの-196℃の方法です。中でも極低温運送用のドライシッパーでの輸送が最も確実で失敗する危険が低いと当社では考えています。

世界中の規制機関は、これらの種類の療法の保管と物流に関する特定の基準を確立し始めています。国際標準化機構 (ISO)は、現在保管と物流のガイドラインを再検討しています。極低温運送オプションで達成可能な安定した温度と確実な物流方法の要件が近いうちに標準慣習となると当社は考えています。
温度管理物流の未来
今後の重要サンプルの温度管理物流は、2つの梱包オプションが有力になるでしょう。

-20°C から‐40°C の範囲内に温度を下げた重要サンプルの貨物が良好な温度管理にあり、機能して再利用可能なシステムで梱包されるでしょう。 -80°C to -196°Cの冷凍状態を必要とする重要サンプルの貨物は、ドライシッパーに入れて、最長21日間という優れた保持期間で、外気温の変化にほぼ影響されずに輸送されるでしょう。これら2つの輸送オプションは、優れたリスク管理が可能です。

温度の管理に加え、この2つのオプションは厳しい資格と検証の手順、洗浄手順およびデータ管理を満たす必要があります。

CryoSendは上記の基準を満たし、皆様にご満足頂けるサービスを提供しています。

Cold Chain Shipping – En

Stem Cell Processing

Processing stem cells in the lab preparing for cryo-storage.
Stem cell transportation available as part of CryoSend services.

Cold Chain Shipping – En

stem cell clean room

stem cell centre

クライオセンドの研究所移転サポート

2016年8月20日
研究室の移転は、かなりのストレスです。どのくらいの規模の移転であっても引っ越し作業やその段取りは、科学者や研究者たちが集中して仕事に打ち込むことを遠ざけます。更に面倒なことに、温度に敏感なサンプルの移動や、貴重な機器は特別のケアが必要です。こんな時には当社の研究室移転サポートが最適です。

コールドチェーン物流プロバイダーのクライオセンドは極低温物流サービスに加えて、研究室の安全で確実な輸送サポート事業を拡大しています。研究室の移転は、安全かつ確実に安定した温度管理の出荷だけでなく、研究室の機器や計測器の輸送も一緒にすることができます。クライオセンドは日本だけではなく、世界中の研究施設を支援しています。国内間に限らず、国際間での研究室の一部または研究室全体を移転し貴社の更なる成功にお手伝いをいたします。研究室の移転についての詳細は、メールかお電話でお問い合わせ下さい。
03-5530-8460
www.cryosend.com

img_3833

安定した成長への態勢が整った世界的再生医療市場

充足されていない幅広い医学的ニーズに応えることを目的にした再生医療(RM)のための強力な開発パイプラインは、世界的なRM製品販売が急速に増加する前兆であり、それは公衆衛生に重大かつポジティブな影響を与える、とタフツ大学医薬品開発研究センターによる最新分析で述べられています。

今日、ヨーロッパ、日本と米国の640の株式非公開会社と上場会社が再生医療の開発に積極的に関与しています。再生医療は体の自然治癒力を促進し、生きているまたは死亡したドナーの健康な細胞、組織や臓器を使って、損傷した物と取り替えたり、特定の種類の細胞や細胞産物を病んだ組織や臓器に与えて組織と臓器の機能を修復します。

従来は、移植手術、生体力学、幹細胞生物学、分子生物学、ベクターエンジニアリング、高度な素材、免疫学とDNA組み換え技術の研究に基づいていた、再生医療を可能にする技術は、細胞と遺伝子を基にした治療法と組織工学の導入により飛躍的に進歩しました。

再生医療の高い成長の見込みにも関わらず、開発者達は、経費を回収して利益を得られるのか?と、とりわけ元を回収できる見込みが不確かであるという「大きな挑戦」に面しています。タフツ大学の研究によると:「米国とその他の消費者は、数が増えつつある医薬品にさらに厳格な費用便益分析を適用して払い戻しポリシーを思い通りに動かしており、それは再生医療製品の利益がコストに見合ったものであることを開発者が示す必要があることを意味しています。」

レポートの主な所見:

• 細胞治療製品は915ある細胞治療製品の76%を占めており、現在ヨーロッパ、日本と米国で開発されていて、残りは遺伝子治療製品が占めています。
• 日本とアジア太平洋地域が2020年まで再生医療が最も急速に成長する市場です。
• ヨーロッパと日本の規制により再生医療製品開発に特定の経路が導入され、米国食品医薬品局はそうする計画はありませんが、連邦議会が同様の法律を検討しています。

Lab inventory move to Japan

CryoSend, together with our North American partner Core CryoLab (www.corecryolab.com) recently had the privilege of helping a client move approximately 60,000 samples of mice embryos and sperm from the United States to Japan.

Large volume shipper – can hold up to 30,000 vials per shipment

Transferring samples into the shipper

IVF Clinic in Cambodia

We just dropped off a shipment of embryos from Pacific Fertility Center in San Francisco to First Fertility IVF Clinic in Phnom Penh, Cambodia.

Cambodia has become a popular destination for people seeking surrogacy services. We are happy to assist with embryo/egg and sperm moves into Cambodia. We are familiar with the clinics and personnel at each clinic and will work to ensure that your specimens get their safely. At this point, we do not recommend shipping your IVF biomaterials into Cambodia using a commercial courier such as FedEx, UPS, DHL etc. The best way to ensure that your samples arrive at the clinic in Cambodia safely is to use a service such as our Personal Courier hand-carry service. We can pick up samples from anywhere in the world and deliver them into Cambodia quickly and safely.

First Fertility Phnom Penh

Clinic lobby

Lab staff checking embryo delivery

Pacific Fertility Center in San Francisco

The Pacific Fertility Center in San Francisco is one of the biggest IVF clinics on the West Coast, with a large base of domestic and foreign patients. We recently had the pleasure of helping to move embryos from this lab to a lab in Cambodia. Staff at both clinics were very helpful and did what they could to help make the transfer smooth. The embryos are now safe in a lab in Cambodia, ready for the next stage of their journey.

Cambodia has become a popular destination for people seeking surrogacy services. We are happy to assist with embryo, egg and sperm moves into Cambodia. We are familiar with the clinics and personnel at each clinic and will work to ensure that your specimens get their safely.

PFC in San Francisco

代理出産選択の制限ーあなたなら凍結受精卵をどうしますか?

インド、タイ、ネパール、そしてメキシコ(カンボジアは次?) – これらは代理出産の法案を禁止した、またはその禁止を検討している国のリストです。特にその国々の国籍を保持しない人が対象です。(インドは最近インド国籍を持つ人々にも代理出産の禁止と致しました)メキシコは外国人のための代理出産を違法とする最初の国です。

これらの国々で凍結受精卵を持っている人から問い合わせをいただきます。 今どのような方法で別の国、別の病院にその受精卵を輸送するために多くの人がどうしたらいいのか困っています。当社はそのような方達のサポートが 可能です。タイ、ネパール、メキシコのIVFクリニックで凍結受精卵、卵子、精子を保管してらっしゃいましたらご相談下さい。当社は信頼できる医師やクリニックのネットワークがあり、新たなクリニックの選択で迷われている方達を私達がサポートできるかもしれません。もしご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。